名刺ひとつから横断幕でもなんでも

印刷ってカテゴリーがどこからどこまでなのか自分でも分からないところもあります。

テレビのリモコンのボタンも印刷だし、道路を走る全面インパクトのある広告が入ったバスも印刷です。目を向ければ至る所に印刷物が多く存在するんですよね。

最近では3Dプリンターでパーツを作り、家を作ってしまう強者まで。これは建築なのか・印刷なのか?

頭を捻って物事を違う角度から見てみるとおもしろい新しいモノが生まれますよね。

そもそも名刺は長方形じゃなきゃいけないの?

丸でも良くない?紙じゃなくでシールで貼ってもらいたい!

名刺を名刺と捉えないで、アイデア次第で自分の紹介グッズとしてみれば、渡した人も使ってくれるかもしれません。

ハンドタオル名刺とかね。今、トイレのエアタオル使えないじゃないですか。

とは言ってもまだまだ紙の名刺ってその人の色が出て性格も出るから見ていて楽しいんです。

ショップのレジ横にあるご近所さんのショップカードやステッカー、ハガキは必ずもらって帰ってしまうんです。

そのブランドさんのお店の特徴や、長所が出ていて後で見直すと結構勉強になります。

小さいものに目が行きがちですが、ダンボールや箱の印刷、大きな看板や旗、暖簾なども制作できますのでお気軽にご相談くださいませ。

村井雄大

村井雄大

東京巧版社 村井雄大

最近の記事

  • あなたにオススメな関連記事
  • あなたにオススメな記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

コンテンツカテゴリ

PAGE TOP